サプリメントは必要?

サプリメントは摂った方がいいですか?

患者さんからよくこんな質問を受けます。

現代人は通常の生活をしている限り、足りない栄養素はひとつもないと栄養学の先生も断言します。
栄養学にも限界はありますから、全てがわかっているわけではありませんが、少なくとも現代人は栄養が足りないわけではなく、摂り過ぎていると考えてください。あるいは偏った食事でしょうか。
最近腸内細菌のことがはっきりするにつれ、食べる食事によって短期間で腸内細菌が変化してることがわかってきています。
質素な栄養でも、身体と腸内細菌が協力してそれを調整して、体がそれで成り立つように育てていく。
過食の時代にうまれた我々には、食物が手に入りにくい時代のことは想像しにくいのですが、こんなにも豊富に食物が手に入る時代はごくごく最近のことです。長い年月食事が手に入りにくい状態で過ごしてきた人類は少ない栄養で体を維持することを訓練してきました。
急激にカロリーが増えた結果、それに対応しきれていないのが現代人の身体です。
世界中で、カロリー過多+抗生物質や過度な除菌・食生活の変化で以前とは大きく変化してしまった腸内細菌叢+便利な生活による運動不足、により肥満が急増しています。
先進国といわれる国は高い割合で栄養過多の状態なのです。その状態にさらに人工的に作られたサプリメントを加えるなんて、全く不要です。

栄養のことで、特別なことなどなにもありません。
それぞれの土地で採れたもので長い年月培ってきた結果の身体を現代人はもっているのです。現在の日本人がいままで培ってきた、日本本来の食事を見直してみるだけで、実は身体にとっては十分なのです。
よっぽど偏った食事をしていない限り(本当はそれでも)、サプリメントは不要です。

医療相談・健康相談担当
医師 平田 修


Related Posts

5月 第6回健康教室のお知らせ「腸と脳 ②」

5月 第6回健康教室のお知らせ「腸と脳 ②」

  第6回目の健康教室を開催いたします。 今回の話題は前回と引き続き、「腸と脳」 […]

第5回目の健康教室を終えて

第5回目の健康教室を終えて

第5回健康教室を無事終えることができました。 参加してくださった方々ありがとうございました […]