新型コロナウィルスに関連して

最近、一日中流れているニュースが新型コロナウィルス関連のニュースです。

おどろおどろしくアナウンサーがニュースを読み上げます。

危機を煽るように。

今のところ致死率が2%程度と、通常のインフルエンザに比べ少し高めのようですが、実際の感染者の数がどれくらいかが把握できていない状態のようで、もっと低めの致死率とも言われています。インフルエンザの場合は大体0.2%程度だとか。

感染症は、体力のない人が特に重症化するわけですから、我々の最大の防御は、ちゃんとした睡眠と食事と、疲れを溜めないようにして体力を保持して自己の免疫力を落とさないようにしておくこと。

マスクが売れて(中国人の爆買いも原因のひとつのようですが)市場から消えています。

しかし、インフルエンザも含めマスクの効果は限定的で、やはり手洗いが重要です。特に消毒薬ではなくても、日本は通常の水が豊富できれいですから、水分での手洗いでも十分です。

今日テレビのニュースで、外出先から帰ってきた家族を玄関先で、それに追加して家の中全体に消毒薬を噴霧している母親の映像が出ていまいしたが、さてさて目に見えない微生物達も災難ですね。

体の表面の微生物達も、他の悪玉の細菌から身体を守っている役割もあるのですが、家の中の細菌も実はそんな役割りもあるのかも、という可能性を考えたことはありますか。

身体の表面の細菌を除去をする事ばかりを考えている最近のボティーシャンプなどは、本当に身体のためによいのか。除菌除菌の世界は果たして健康なのか。

最近微生物の色々なことが以前に比べかなりわかってきました。

その結果、土の中の微生物、身体の中の微生物、身体の表面の微生物達と私達自身の共存関係、はては共存どころか私たち動物も植物もその微生物達がいなければ存在しなかった可能性があるということもわかってきました。

バイキンではなく、微生物達。目に見えない共に生きている生命体。

それらとの関係を少しでも考え直してみるのも大切なことのようです。悪玉は実は少数なのです。

その辺りのあまり知られていない、本当は大切な知識を少しばかり学んでみませんか。

 

 

医療相談・健康相談担当

医師 平田 修


Related Posts

第8回健康教室を終了して

第8回健康教室を終了して

  第8回健康教室を無事終了しました。 前回に引き続き、参加していただいた方から […]

サプリメントは必要?

サプリメントは必要?

サプリメントは摂った方がいいですか? 患者さんからよくこんな質問を受けます。 現代人は通常 […]