東洋医学〜同病異治・異病同治

西洋医学では、診断が確定すると自然に治療法が決まります。

人によって治療内容の差はあまりありません。もちろん年齢や体重によって薬の量などが変わる場合がありますが、基本的な治療の内容は変わりません。

東洋医学では、漢方も鍼灸もその人の証(陰陽、虚実、表裏内外)によって治療薬や経絡・ツボが決まります。西洋医学的には同じ疾患でも、東洋医学的には証が違えば違った治療になります。

これを同病異治と言います。

また、西洋医学では違った疾患でも、証が同じであれば東洋医学的には同じ漢方、経絡・ツボを選択することになります。

これを異病同治と言います。

もともと診断機器などがない時代に発達した東洋医学の診療の場では、季節変化、その人の社会背景、性格、生活状態、身体の細やかな観察(その人の顔つきや顔色、体格、痩せているか太っているか、皮膚の状態、腹部の張り具合、舌の状態、脈の状態などなど)などから、その人の病態を判断していました。

東洋医学は、漢方や鍼で治療を加えた上で、その体が表現する反応を観察し、治療に少しずつ修正を加えながら、その経験の積み重ねでできあがってきた治療体系です。

しかし、東洋医学と西洋医学が全く別ものかといえば、そうでもありません。ものの考え方、生活様式、体格などが同じような傾向の人が、同じような病名が付く場合が多い感じだからです。ただ、西洋医学では病気の人をそのような観点から観察する訓練をしていないだけです。西洋医学が考える疾患も、東洋医学的な考え方を取り入れて診察すれば、東洋医学と西洋医学が全く別物という感じはなくなります。それはそうです、同じ人間の体を見ているのですから。

いずれ、東洋医学とか、西洋医学とかわざわざ分けて考えるのではなく、それぞれの人の精神的、身体的、社会的な要素を考えながらの、それぞれが統合された考え方を含んだ医学が普通になる時代が来ると思っています。(これまでもそういう方向性が唱えられてきたのですが、現状の医学の研究成果と方向性を見ていると、この考えかたは少し楽観的すぎるのかなと思うこともあります)

 

健康相談、医療相談担当

医師 平田 修

 

とはー(しょう、あかし)は中医学漢方医学の治療指針となるべくもので、西洋医学で言うところの病名(診断名)に相当する。一般的に、証は弁証といわれる、脈診、問診、触診などから導き出され、病の状態を現す。中医学漢方医学では、この方法によって導き出された証に基づき、鍼灸漢方の治療方針を決定する。様々な流派があり、それぞれにおいて弁証方法は若干異なる。

 

 

 


Related Posts

過去の記事一覧➁

過去の記事一覧➁

中国鍼と日本鍼 一鍼一鍼 鍼灸AOI+のお灸 これからの医学はどこに向かっているのか 「身 […]

過去の記事一覧➀

過去の記事一覧➀

  整形外科的疾患と鍼灸 鍼灸治療について〜「瞑眩」 「閃く経絡」を読み始めて、 […]