私が考える美容鍼灸

美容鍼灸は私が修行をしている頃からすでに話題になっていました。

私の師匠は美容鍼灸という形では治療を行なっておりませんでしたが、師匠の治療で病が改善するだけではなく、顔色、肌のツヤ、精神状態、その人が醸し出す雰囲気がとても良い感じに変化していく様子を見ていたので、美容は特別なものではなく、心身が健康な状態になれば当たり前についてくるものだと感じていました。

私も体質改善のため師匠に定期的に治療していただき、自分自身の身体でも体感しました。

顔に100本以上の鍼をうったり、不必要に電気を流したり、エステ的な美容鍼灸に対して、その当時から違和感がありました。

しみ、しわ、ニキビなど一つの異常症状として捉え、顔も全体の一部として顔のツボは数カ所しか使用せず、身体の治療を重視している治療法は学んでいました。

顔の状態だけにとらわれる表面的な美容ではなく、身体の全体を診る本格的な鍼灸治療をおこない、鍼灸の本当の良さをもっと多くの人に知っていただきたいと思っていました。

私が自分の鍼灸院をもちたいと本格的に考え始めた頃、鍼灸についてどのようなイメージをもっておられるのか様々な年代の人に聞いてみたのですが、自分が思っていたよりも鍼灸の認知度は低く、鍼灸を受けようと思っていただくためにはまだまだ大きな壁があることを改めて痛感しました。

しかし、TVや雑誌などで美容鍼灸の特集を見て鍼灸の存在を知り、鍼灸を受けてみたいと思っている人が年代問わず増えてきたことも知りました。
(現在は、SNSなどで美容鍼灸を受けている様子を有名人がたくさんのせていますので、ますます広がっているようです)

ですので、美容鍼灸が鍼灸を受けていただく一つのきっかけとなればと思い立ち、美容鍼灸を取り入れようと考えました。

伝統的な中国での美容鍼灸と現代の美容鍼灸を研究していくうちに、やはり顔を鍼だらけにする必要はなく、顔はできるだけシンプルに本当に必要なツボを使用し身体のツボと組み合わせることが大事であり、美容鍼灸は基本的な治療ができれば特別なことではないということを改めて感じました。

その人の滞っている場所や不調を改善すれば顔の様々なお悩みは自然と軽減していきますが、身体の鍼に加えて顔鍼をすると顔の様々なお悩みにはプラスの効果があり、また心身がよりリラックスするように感じました。

さらに、私が特に面白いと感じたのは、疲れが溜まってくると全身が重たく特に目元や頭が重たくなるような感じがありますが、顔鍼をすると頭の上から何かがス〜ッと抜けるような感覚があり、治療後は全身が軽くスッキリとした感覚になり、精神的にも楽になったことです(その時の状態で感じ方に個人差はあると思いますが)。

当院の中でも人気がある「健美コース」では、顔鍼に加えてその方の心身の状態に合わせたツボ、経絡を使い治療を行なっております。

顔を鍼だらけにしたり  不必要に電気を流したり、超音波などといった機器は使用いたしません(電気パルスは症状が重たい顔面神経麻痺などの治療には活用しております)。
シンプルに、鍼とお灸、必要があれば吸玉で十分な治療が可能だと考えております。

伝統的な治療法で鍼灸の良さをお伝えできればと思っております。

ぜひ一度体感されてみてください。

 

よろしかったら、先日医師が書きましたこちらの記事も一緒にご覧ください。

https://wp.me/p9wuY8-fw

 

院長/鍼灸師 平田葵


Related Posts

過去の記事一覧➁

過去の記事一覧➁

中国鍼と日本鍼 一鍼一鍼 鍼灸AOI+のお灸 これからの医学はどこに向かっているのか 「身 […]

健美〜美容鍼灸 医師としての観点から

健美〜美容鍼灸 医師としての観点から

通常の診療では、病院を受診される方は、病気の状態で来られますから、もちろん体調は悪い状態で […]