第6回健康教室 「腸と脳②」を終了して

第6回健康教室を無事終えることができました。参加してくださった方々ありがとうございました。
前回に続いて、「腸と脳」ということについて話をしましたが、主に腸内細菌の話になったと思います。前回と違うメンバーに御出席いただきましたから、少し総論的なことからお話をさせていただきました。
最近「土と内臓ー微生物が作る世界 築地書館刊行」という本を読んだのですが、前半は土と微生物と農薬のお話。それがまるで人間と微生物と抗生物質との話と同じような内容が語られていて、地球上の大切な微生物を、人間が科学の力で、殺し続けている現状を再認識しました。
科学の力で感染症をかなり押さえ込んで、平均寿命が延びたことは事実です。でも、以前はなかった色々な病気が増えてきている現状は一体何を表しているのか。色々な要因が絡んでいて、すぐに結論が出るわけではないと思いますが、最近10数年の遺伝子分析の進化、その結果の免疫学と微生物学の進化が、その疑問のかなり大きな部分に答えを与えてくれるかもしれません。
健康教室では、最新の内容をできるだけわかりやすく噛み砕いでお話しするつもりです。私も全ての専門家ではありませんから、自分の専門とする医学の観点から要点をお話ししたいと思っています。自分自身の体と心、それぞれに関連する事柄に関して、少しでも問題意識を持っていただくことができれば幸いです。

 

健康相談 医療相談担当
医師 平田修


Related Posts

第9回健康教室を終了して

第9回健康教室を終了して

第9回健康教室を無事終了しました。 参加していただいた皆さんありがとうございました。今回も […]

第8回健康教室を終了して

第8回健康教室を終了して

  第8回健康教室を無事終了しました。 前回に引き続き、参加していただいた方から […]