自分らしさとはなんだろう

自分とはそもそも何者なのでしょうか。らしさとはどうゆう意味なのでしょう。

 

私達は、母親の胎内で誕生した瞬間から、周辺の環境、社会からの影響で形作られていく生命の総体です。

遺伝的なものを携えて(もしかしたら宿る魂の素質も)私になろうとする命が始まります。

生を受けた瞬間から私の周りの環境に刺激を受け、自分の中に生まれる何らかの感覚なり感情なりを感じながら、その感覚に、社会の一員となるための矯正力が働き、言葉を覚え、社会の規則が教え込まれ。

急激に発達、変化していく心身に、知識の洪水が押し寄せてきます。

その洪水に押し流され、時には逆らい、ときには立ち止まりその影響下で私たちは育っていきます。

様々な出来事が起こり、その事に反応して様々な感覚が沸き起こり、次第にその出来事の意味を言葉で教え込まれ、自分で学習して覚え込んでそれが一つの概念となり、出来事とは別に影響を及ぼし始める。

次第にその概念が実際の出来事よりも、大きな存在となり、私たちの感覚を騙し始める。

概念の鎧に囲まれ、それが自分の一部になったかのような錯覚にとらわれ、私がどんな顔をしていたか、どんな皮膚をもっていたかを忘れ始める。

いつの間にかその鎧の重さに耐えかねて、その場に座り込む。

軽やかだった身体を忘れ、感覚も鈍くなり周りの空気感も感じなくなり、

いつの間にか私は私ではなくなる。

 

生を全うするまでに、私たちはそのことに気付くことができるのでしょうか。

 

 

医療相談、健康相談担当

医師 平田 修

 

 

 

 


Related Posts

第9回健康教室を終了して

第9回健康教室を終了して

第9回健康教室を無事終了しました。 参加していただいた皆さんありがとうございました。今回も […]

第9回 健康教室のお知らせ

第9回 健康教室のお知らせ

第9回目の健康教室を開催いたします。 今回も引き続き、参加して頂いた方からの質問を中心とし […]